Spring Loaded.

こんばんは,Jingerです.

Appleの新製品発表会があるよ

日本時間で21日2時から,Appleの発表会が始まります.
例に漏れずオンラインでの発表会です.
昨秋の発表会3連弾から約5ヶ月,ほとんど新製品の発売もなく静かだったAppleさん.
久しぶりの発表会ではいったい何が発表されるのでしょう.

大本命はiPad Pro

iPad Proはほぼほぼ間違いなさそうですね.
だいぶ前から噂のあったミニLEDディスプレイの12.9インチは,プロセッサとディスプレイの2大歩留問題を乗り越えてくるのでしょうか.
ディスコンという噂のあった11インチも,ミニLED非採用という形で続投されると言われていますね.
昨年10月,iPad Air 4を横目に11インチ2020年モデルを買った身としては,
「12.9インチだけだよ!」
と言われる方が嬉しいのですが……

アクセサリの新色も気になる

今月に入った頃でしょうか,iPhoneケースの春の新色とされるものがリークされていましたね.
昨春のアクセサリー更新は3月の新製品発表シーズンと同タイミングだったようなので,今年も発表会に合わせて新色が出るのかな,と思っています.
個人的にはApple Watchバンドが気になるところ.
ブレイデットにいい色が来ないかな,と期待しています.

他にも色々噂はあるけれど……

などなど,他にもちょいちょい噂を聞きます.
特にAirTagについては,iOS14.5 betaに痕跡があったり,「探す」アプリがサードパーティ製忘れ物タグにネイティブ対応したりと発売も間近な感じがしていますね.
忘れ物タグの必要性をあまり感じたことがなかったので今のところは興味薄ですが,Appleがうまいこと宣伝をすればわからないかもしれません.
iPad miniAirPodsももし出れば欲しい製品ではありますが,これらはまだ先の話だとするリーカーも多いのであまり期待しないでいます.

何はともあれ,久しぶりかつ2021年初のApple祭り.
リアルタイムで参加するために,しっかり仮眠して臨みたいと思います.

「タイピングの最適化」を考える

こんにちは,Jingerです.

新学期が始まりました

今週から大学の2021年度春学期が始まり,
「授業の7割を対面で実施する」
と息巻いていた弊学学長の理想とは裏腹に,
僕が履修する全10科目のうち,実験・実習系の2科目が対面である以外は
どれもオンラインのリアルタイム講義ないしオンデマンド配信という形での実施となりました.

個人的には,朝から通学する必要がなく家でもどこでも受けられるオンラインの方がずっと楽なので,
寧ろホッとしているというのが正直なところなんですけれども……

タイピングの最適化

さて,大学がオンライン授業を中心に進んでいくということで,
初週から毎日長時間パソコンに向かっていました.

機械工学科とは言っても,専門科目でプログラミング(MATLABを含め)やCADを扱う他は
基本的な文書作成や表計算を触ることの方が多いわけで.
そこでは文字入力,特に日本語入力がどれだけサクサクできるかが作業時間に直結してきます.

一年前までは,タッチタイピングはおろかホームポジションすらも意識せず
ほとんど一本指打鍵に近い状態でタイピングしていたのですが,
去年のステイホーム中に,タッチタイピングを身につけようと始めたe-typingにどハマりしてしまい,
タッチタイピングを習得してからもほぼ毎日ゲーム感覚でプレイしています.

f:id:apfel_jingwer:20210409142729j:plain
ベストスコア.
400超えで調子がいいかな,というのが現状
約1年練習を続けてきて,「そこそこ早いかな?」と言えるくらいの腕前にはなってきたのですが,
最近はスコアそのものよりも,打鍵を最適化することにハマっていたりします.

タッチタイピングを練習し始めた頃は
ホームポジションに則って必ず決まった指で打鍵する」 ことを真面目に守っていたのですが,
リーチも短く力も弱い小指を薬指でカバーするべきなのでは?と感じはじめ,
そこから最適化沼にハマっていきました.

  • T/G/B/Y/H/Nを左右人差し指で
  • C/Vを左人差し指と親指で
  • N/Mを右人差し指と親指で

などのように,一つのキーを複数の指でカバーしたり,

  • 拗音をY/Hで
  • 「ふ」をFU/HUで

のような複数通りのキー入力を使い分けたり,

  • 「ZA」を左薬→左小で
  • 「DE」を左人→左中で
  • 「YU」「HU」「JU」「NU」「KI」を右人→右中で

というようにホームポジションの干渉を避けたり……
子音前の「ん」はnで.それ以外はxnを使うこともクセになりました.

「一つの文字に何通りもの打ち方を使おうとすると,思考プロセスが増えて入力が逆に遅くなるのでは?」
と最初は思ったのですが,
そもそもタイピングは一つ一つのキーを意識して順に打っていくというよりも
「流れ」に順って自然と指が動くというイメージの方が近く,
特に,種類もそう多くない音節のそれぞれに決まったローマ字が強く対応している日本語の入力においては,
よくある「流れ」についてそれぞれ最適な入力方法を持っておくのが良いのかな,と少しずつ思うようになりました.

やればやるほど奥が深い最適化
作業の「最適化」や「効率化」という文脈が大好きなのは如何にも理系脳と言ったところで,
まだまだ磨けるところがあるのではないかと常に考えています.
また,英語などの他言語,もっと言えば自然言語に限らずコンピュータ言語には違った最適化メソッドがあると思うので,
それについても少しずつわかったことをまとめていきたいと思います.

Apple Watch用バンド「ブレイデットソロループ」は安易に購入してはいけない

こんにちは,Jingerです.

突然ですが,僕は

Apple Watchが大好き

です.

f:id:apfel_jingwer:20210404144008j:plain
Apple Watch series 5 ブラックステンレススチール:美しい……

去年の5月にseries 5を購入してから今日に至るまで10ヵ月以上,
充電時や入浴時を除いて1日22時間ほど,毎日欠かさず腕に着けています.

Apple Watchの魅力についてはいくらでも語れるのですが,
その中でも,従来の腕時計や他社製のスマートウォッチにはなかなかない特徴として
「簡単にバンドの付け替えが可能である」 ことが挙げられます.

かくいう僕も純正品やサードパーティ製品合わせていくつもバンドを持っており,
気分シチュエーションに合わせて一日の中で何度もバンドを付け替えています.

いや,付け替えてい「ました」. 一週間前までは.


目次


今まで使ってきたバンド

ここで, 僕がこの10ヵ月間で購入,使用してきたバンドたちを紹介していきたいと思います.

1. Apple 『44mmケース用ブラックスポーツバンド』

f:id:apfel_jingwer:20210404144252j:plain
シンプルなスポーツバンド

数ある純正のラインナップの中でも,ずっとスタンダードとしての立ち位置にあったバンドです.
2019年のseries 5発売に合わせて開始したApple Watch Studio」というサービスによって,
Apple Watch本体の購入時に合わせて選ぶ純正バンドもかなり自由度が増しているのですが,
僕はseries 5を整備済製品で購入したので,強制的にこのスポーツバンドがついてきました.
見た目にはチープに映りますが,実際に触ってみるとフッ素ゴムのサラサラとした手触りがクセになる,意外にも高い質感があります.
高いホールド力はその名のとおりスポーツをする時にも最適なほか,それ以外の日常的な使用でも長時間快適に着けていられる感覚で,
留め具がApple Watch本体と同じブラックステンレススチール(PVD加工された316Lステンレス)で作られているのも気に入っています.

2. NOMAD 『Active Strap』

f:id:apfel_jingwer:20210404144300j:plain
NOMADの製品は男心に刺さってくる

Apple製品用周辺アクセサリを多く手がけるアメリカのブランド,NOMAD
レザーの品質にもこだわっているお気に入りのブランドです.
このストラップについては,
ドイツ・Heinen社でなめされた非常に疎水性が高い革が使われていて,大量に汗をかく夏場でも使える貴重なレザーバンドです.
本体の接合部分にはこれまたブラックのステンレスが使われていて,
全体的に質感が高いです.

3. CASETiFY×Pangram Pangram 『PP-0005 - Berlin TXL』

f:id:apfel_jingwer:20210404144304j:plain
なかなかにファッションを選ぶやつ

アクセサリーブランドCASETiFYで販売されている,ラゲッジタグをそのまま腕に巻いたような独特のデザインのバンドです.
ラゲッジタグ,しかもベルリンの新国際空港に代わられて昨年閉港となったテーゲル空港のものとあって完全に一目惚れして購入.
ヴィーガンレザーで質感は安っぽいですが,デザインが気に入っているので許しています.

4. COACH 『APPLE WATCH STRAP WITH REXY』

f:id:apfel_jingwer:20210404144702j:plain
好き……

去年の誕生日に彼女からいただきました.
とにかくRexyが可愛くて大好き.

5. Apple 『44mmケース用Black Unityスポーツバンド』

f:id:apfel_jingwer:20210404144704j:plain
汎アフリカ色が非常にクール

2021年のBlack Unityキャンペーンに合わせて限定販売されていたスポーツバンドです.
今までのスポーツバンドにはなかった多色成形のクオリティが高く,
「この世に一つだけ」感があって良いです.

バンド沼にハマって

ここまで全5本のバンドを紹介してきました.
Apple Watch自体を購入してまだ1年も経っていませんが,
気になったバンドをちょくちょく購入していくにつれて
「バンド沼」 に少しずつ足を踏み入れている感覚があります.

さて,冒頭でも述べたとおり これらを日によって付け替えるのがApple Watchの楽しみの一つなのですが,
困ったことに最近はこの着せ替えが楽しめないでいるのです……

(続く)

Mac Mission Controlで表示される「TimelinePreviewControl」「SeekPreviewControl」について

こんばんは,Jingerです.

Macを使う上では欠かせない「Mission Control」という機能.
Windowsでもこれに相当する「仮想デスクトップ」が10から実装されましたが,
やはり本家であるMacは,トラックパッドと合わせることで
非常に心地よい操作感が実現でき,とても快適です.

そんなMission Controlですが,
「TimelinePreviewService」
「SeekPreviewService」

などのサービスがいつも表示されていることに最近気づき,とても気になっていました.
というのも,Mission Controlの画面ではこれらの名前だけが表示されていて,
透明なタブを掴むことはできてもなかなか消す方法がわからなかったのです.
macOSの何かしらのプロセスなのだろうと思い
気にしつつも放置していたのですが, 検索してみると
あっさり答えが見つかりました.

悪さをしていたのはデスクトップ版のLINEアプリでした.
と言っても,LINEアプリが何か悪意のある挙動を働いていたわけではなく,
アプリ上でタイムラインやメディアなどの表示を行うのに必要なプロセスとのことでした. しかもこれらがMission Controlに表示されるのは,
Macの環境設定でMission Controlをアプリごとにグループ化する設定をオンにしていた時だけのようでした.
それを知って試しに設定をオフにしてみると,
確かに問題のプロセスは何も表示されなくなりました.
そもそもグループ化の設定自体,特に何も考えずにオンにしていたもので,
オフにするとタブが重なって視認しにくくなる現象も解消され,
アプリの名前も表示されなくなってとてもMission Controlがスッキリしました.

こうして僕の心をほんの少しだけモヤモヤさせてきた〇〇PreviewService
あっさりといなくなってくれたのでした.

おしまい.

編集モードについて:マークダウン記法を使いたい

Jingerです.

昨日このブログを開設してから,
ダッシュボードをいろいろいじってみたり
他の方のブログを覗いて記事の書き方を勉強してみたりしています.

今日は記事の編集モードについて簡単にメモしていきたいと思います.


はてなブログで使える編集モード

1. 見たまま

その名の通り「見たまま」で編集できるモード.
スマホタブレットのアプリのように何も考えずにレイアウトを弄ることができる.
学習コストはほぼ0だけれど, レイアウトに凝れば凝るほど時間がかかりそう.

2. はてな記法

はてなブログ独自の記法(?).
後述のMarkdown同様,マークアップ言語が必要なレイアウトの一部を簡略化して利用できる.
Google検索してみた感じでは,こちらを使っているブロガーも多そう.

3.Markdown

はてな記法と違い,ある程度ユニバーサルな記法.
対応するテキストエディタも多く,
僕が使っているNotion(独自に拡張された表現もあるけれど)でも同じショートカットが使える.


さて,これら3種の編集モードのうち僕がどれを使うかというと,

Markdown

です.
正直初めから結論ありきで記事を書いていましたが,
一度慣れてしまえばはてなブログに限らずいろいろなサービスで使える可能性のある
マークダウンがいちばん良いな,と思いました.

そもそも,どの編集モードを使っても再現できるレイアウトには限界があり,
凝ったデザインを作るにはHTMLやCSSが必要になってくるのだと思います.
HTML/CSSはProgateで簡単に触ってみた程度なので,こちらも少しずつ勉強した上で
ゆくゆくはマークダウンで楽できるところは楽しつつ
うまくマークアップ言語も組み合わせながら
効率的に文章を書ければいいな,と思います.

おしまい

ブログはじめました

はじめまして,Jingerと申します.

 

2021年4月1日,新しい年度の始まりにあわせてブログを書いてみよう,と思い立った
しがない大学生です.

 

都内の大学で機械工学を専攻していて,
この春にはゼミナールが始まります.

また,学習塾で個別指導講師のアルバイトをしており,
小学生から高校生までを相手に
算数や数学,理科を教えています.

趣味といえば一番に挙げられるのは映画鑑賞で,
このご時世,映画館まで観に行ける機会は激減してしまったものの
NetflixにHulu,Amazon Primeなどサブスクサービスをサーフィンして
ジャンル問わず色々な映画を鑑賞しています.

旅行も好きです.
やはり新型コロナが原因で最近はほとんど行けていませんが,
ユーレイルパスを駆使してヨーロッパを一人で周遊したり
彼女と二人で「温泉同好会」と称して関東近郊の温泉を巡ったり
人生をかけて日本中,世界中に見聞を広めていきたいと思っています.

他にもガジェットや語学など様々なものに興味があり,
クイズに出てくるような雑学までアンテナを張りながら生きています.

 

ブログを始めるはっきりとした動機はありませんが,

この時代,誰でも簡単に自己発信ができるような世の中で
SNSをふだんほとんど触らない自分にとって,その代わりとなるような表現の場として,

また,そんな自分がある程度まとまった文章を書く練習の場として,

どうしても断片的な独り言になってしまいがちな日記,ライフログを補完するものとして
まずは日常で感じたことや興味のあるものを
気楽に書いていければ,と思っています.